弊社について

弊社について

フィルドラ社は持続可能な水資源利用のため設備開発に特化したスペイン株式市場上場の多国籍企業です。

弊社は、水資源の保全、取り扱い、処理、そして水に関連した娯楽に関するソリューションを提供いたします。また、弊社はプール関連設備やウェルネス、水処理、灌漑そして水循環システムの製造販売分野での世界の主要企業の1つです。

 

現在、弊社は44カ国に150もの支店や生産拠点を持っています。弊社製品は強力な販売網により170カ国以上に販売しています。従業員数は約3600人です。

水資源の尊重と有効に使うことは弊社の基礎をなす考え方です。世界の4万以上の専門家の皆様に弊社製品の堅牢性と信頼性に満足いただいております。

 

水関連設備を皆様の国で!

バルセロナ(ヨーロッパ)を拠点とするフルイドラ・エクスポート社は、プール、水循環システム製品、農業用潅水設備や工業用水処理等装置の販売輸出の会社です。

弊社は、フルイドラ・グループ(当時はアストラル)の国際化戦略の一環として設立されました。フルイドラ・グループは数十年前の1987年9月22日にアストラル・エクスポート社として設立され、この社名はほんの数年前まで続きました。

実際の企業活動は、アストラル・グループの全体の中で輸出に特化し1988年に開始されました。しかし、直ぐにグループ内でも国際化の原動力としての役割を持つようになり、世界中の様々な国で新しい企業や支店をどのように、どこで、そしていつ設置するのかという事業の全イニシアチブを発揮するようになりました。

フルイドラ・エクスポート社は、多種多様な市場に対する深い知識を持ち、また、国際的かつ多岐にわたる環境、例えば、チリからアメリカ合衆国まで、ポルトガルやベルギーからロシアまで、モロッコからアラブ首長国連邦、そして南アフリカからオーストラリアなどでの新会社の設立の最適な時期の決定をいつも行ってきました。

最初の販売は1988年1月26日インドネシア(P.T.Wadin)でした。少し後の1992年にはクウェート再建事業に選ばれたスペイン企業5社の中のひとつとなりました。

他にも水処理関連施設、つまり濾過装置、ポンプ、梯子やスキマーなどのプール関連の付随設備、または、バルブやPVC、CPVCやポリプロピレンの付属品など。特に、大容量が必要な施設や水処理施設、あるいは公共プール等のための大型ポンプやポリエステル樹脂タンクなどを販売しております。

フルイドラ・エクスポート社は、当グループが特定の商社を置いていない世界中の国々でも発展と拡大路線を続けています。弊社の持つ市場は、ヨーロッパや、地中海沿岸諸国、中東諸国、アジア諸国、そして太平洋やアメリカ大陸諸国などをカバーする150カ国にものぼります。

現在、弊社は特に日本及び韓国との取引を望んでいます。それゆえ、弊社はお客様が自国にいらっしゃるときと同じように、お客様の言葉で話したりコミュニケーションしたりできるような対応をしてまいります。世界中の「水」の分野の技術を変える方法の新しく、一貫性のある技術を提供できるものと確信しております。弊社は世界中とコンタクトを持ち毎日研鑽を重ねております。弊社はお客様の事業への価値をもたらすことができることを是非実際にお試しいただくことだけを確信しております。それは、さらに世界的なもう1つの視点であることは間違いありません。